3D建築モデルの作成から2D建築図面の作成までの建築設計業務を支援する建築専用設計プログラムです。

3次元建築専用要素及び汎用要素の作図、配置は各種形態の壁、窓、戸、柱、梁のような建築専用要素で作成し、それを作図、配置、編集を行うだけでなく、直線、円、楕円、曲線などのような一般的な汎用図形に対する作図、編集も提供します。

3D建築モデリングから平面図、立面図、断面図を正確に自動生成でき、3Dモデリングの変更を即時的に図面に反映させるよう、互いに関連を持たせました。

OpengGLによるレンダリングと弊社で開発した光追跡レンダリング(レイトレーシング)及び、熱複写(ラジオシティ-Radiosity)レンダリング技術を利用した3D建築モデリングに対する各種レンダリング及び効果(反射、屈折、霧(fogging)効果)などを見られます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です